TELECRANE JAPAN    天井クレーン、産業機械の無線化、無線制御をサポートする産業用無線操縦装置TELECRANE(テレクレーン) TOP  会社情報  お問い合わせ
TEL 072-773-1216
MAIL info@telecrane.jp
施工対応(天井クレーンの無線化) TELECRANEシリーズ』による天井クレーンの無線化工事対応についてのご説明です。
弊社直接対応エリア(兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県)になります。
 トップページ > 施工対応(天井クレーンの無線化)
天井クレーンの無線化


関西エリアの施工体制

サービスマン
   サービスカー×4台、高所作業車×1台、営業車×2台、サービスエンジニア×6名 (2010.02)
   ※協力会社全国に多数あり。

対応エリア図面
   兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県
   上記エリアに関しては、基本的に弊社サービスエンジニアが直接ご対応させて頂きます。 また、その他エリアに関しましては
   協力会社によるご対応が可能です。ご相談下さい。


その他エリアでの施工対応について
 
  関西エリア以外での天井クレーンの無線化工事については、弊社協力会社での施工対応が可能です。
  まずは一度、お気軽にご相談ください。



天井クレーンの無線化は、近年になり、より安価に、そして、その作業効率向上への貢献度の高さから積極的に導入されるようになってきています。 しかし、その反面無線操作式クレーンの災害事故も比例して増加しているのが現状です。 そして、その災害事故の原因の大半が、安全に対する意識が希薄なまま無線操作式クレーンを運転する事により起こっています。 下記に安全に使用するための最低限の知識を記しましたので、ぜひ、クレーンの無線化をご検討、また現在ご使用中の方はご一読いただき、安全な操業の一助にして頂ければと思います。


┃天井クレーンを無線にて運転する資格について
1) 5.0t以上の天井クレーンを無線で操作するには、「クレーン運転士免許」が必要です。
2) 5.0t以下の天井クレーンについては、「クレーン運転士免許」、「クレーンの運転の業務に係る特別の教育」若しくは、「床上操作式クレーン運転技能講習」が必要です。

無線操作式クレーンに使われている無線装置は、電波法第4条の免許を要しない無線局の微弱無線局または、特定小電力無線局の電波を使用しています。 これらの使用には性能証明や技術基準適合証明が必要になり、弊社にてそれぞれ取得しておりますので、無線操作式クレーンの運転者は無線に関する資格は一切必要としません。 ただし、無線装置を改造して使用すると法律により罰せられるので、改造等は行わないでください。


┃無線操作式天井クレーンの使用開始前の注意事項
1 ) 無線操作式クレーンが複数台ある場合は、操作装置とクレーンの対応が正しいかを確認すること。
2 ) 操作装置の各スイッチに損傷が無いこと。
3 ) 電池が充電されていること。
4 ) 停止機能が確実に作動すること。
5 ) 各スイッチの動作表示、作動方向表示が明確であること。
6 ) 各スイッチの動きが円滑で、相反する動作のスイッチ間のインターロック動作に異常が無いこと。
7 ) クレーンが各スイッチの表示どおり作動し、動作タイミングに異常が無いこと。
8 ) 点検又は補修中でないことを確認すること。
※社団法人クレーン協会発行 クレーン誌 無線操作式クレーンの安全に関する指針について 抜粋


┃無線操作式天井クレーン運転時の注意事項
1 ) クレーン操作を行わないときは、操作装置の電源は「オフ」にしておくこと。また、電源スイッチがキースイッチの場合は、キーを抜き取っておくこと。
2 ) つり荷がよく見える位置で運転し、周囲の安全を確認すること。
3 ) 運転するときは、足元の安全を確保すると共に安全な通路を通行すること。
4 ) 操作装置の表示とクレーンの作動方向の表示とを常に確認して運転すること。
5 ) 安全通路、車両通路を横断するときは、徐行すると共に警報を鳴らす等により周囲に注意をうながすこと。
6 ) 走行・横行ストッパに当てて止めるような運転をしないこと。
7 ) 1人の運転者が2台以上の操作装置を同時に操作しないこと。
8 ) 操作は、3動作以上を同時に行わないこと。
9 ) クレーンの作動中は直接つり荷及び玉掛け用具に触れないこと。
10) つり荷の下及び荷の転倒の恐れのある範囲には立ち入らないこと。また、作業者を立ち入らせないこと。
11) つり荷の反転作業を行なう場合、運転者や玉掛け作業者等のいる方向には反転しないこと。
12) リフティングマグネット又は真空吸着機を用いて作業を行う場合、つり荷の高さはできる限り低くして運搬すること。
13) 運転者は、荷をつったままで身体から操作装置を離してはならない。また、操作装置の制御範囲から外れないこと。
※社団法人クレーン協会発行 クレーン誌 無線操作式クレーンの安全に関する指針について 抜粋




動画コンテンツ
 ※音楽が流れますのでご注意下さい。
 ▼他の動画はこちらから。


施工対応(天井クレーンの無線化)
 関西近県での施工対応
 その他エリアでの施工対応
 天井クレーン無線化の注意点


TEL 072-773-1216
Mail info@telecrane.jp
   良くある質問Q&A
   カタログ、資料ダウンロード

ご購入について

代理店募集について




PageTop


 トップページ
 製品情報
 ラインアップ
  




 納入事例
 ダウンロード
 サポート
 施工体制
 天井クレーン無線化の注意点


 よくある質問Q&A
 ご購入について
 代理店募集について



 会社情報
 サイトマップ
 プライバシーポリシー
 リンク
TELECRANEトップページへ